ハセツネで使ったシューズ

台風で朝の通勤時間は4時間半。。。家から走ってもそんなにかからないのに(>_<)と、いう訳でバタバタで水曜の織田練は欠席。

帰りは、鷺沼から4.3km(20分強)の帰宅ラン。ラストは、キロ4分より走れているから膝の打撲含め脚は問題なし。ただし、浮腫みはスゴいです。


話は変わりハセツネ。
優勝者が履いていたシューズがターサーで何かと話題です。トレランシューズは持ってないとのことでした。ちなみに今回は自分もランシューで走りました。

これまでは、トレイル=トレランシューズっていう固定概念がありましたが、今年からトレーニング含めてランシューであるadizero manaで走ってます。

よく「滑りません?」って聞かれますが滑りません。いや、正確に言うと滑る所はトレランシューズでも滑るから変わらないかな。
無理に止めようとすると滑るのは、スキーとかと一緒。ソールのグリップするところである前面でしっかり路面をとらえていればそうそう滑るものではないです。

岩場はラグ(ソールの突起)が、固くてでかくて深いトレランシューズは滑ります。接地面が少なく、摩擦が生まれないから当然といえば当然。ランシューは、ソールの接地面が大きいからまだましかと思います。

ただ、ランシューの弱点は足を守る機能が少なく爪先ぶつけたら痛い。adizero manaは、少し硬い素材があるからその点は問題なしです。
あと、横の動きにも少し弱いのは事実です。

写真は今年のハセツネを走ったシューズです。トレイルの状態が良かったので洗わなくてもこの綺麗さ!!そして、ハセツネ1周くらいではシューズの耐久性も全く問題なしですよ。
d0158621_861323.jpg
d0158621_86377.jpg


☆今月の走行距離:214.9㎞
☆今月の食べ放題:5回
☆今朝の体重:56.2kg←浮腫み中。。。
[PR]
by km02027 | 2013-10-16 22:00 | マテリアル・装備 | Comments(0)